2019.10.01

ガーンジー島の読書会の秘密

イギリスの読書会についての映画って面白そう。

軽い気持ちで観に行くことを決めた映画だったが、

本の持つ力と戦争がもたらした傷をどのように

受け入れて癒していくかを描いた秀逸な映画だった。

 

ガーンジー島は、英国で唯一ドイツ占領下にあった

島だ。そこで開かれた読書会について偶然知った

作家のジュリエットは、取材をするために島を訪れる。

あまり多くを語らない読書会のメンバーが抱えている

秘密について彼女は少しずつ触れていく。

 

本の朗読をしながら、自由に感想を語り合う読書会は

とても楽しそうだった。主人公とガーンジー島を結びつける

きっかけになったチャールズ・ラムの随筆を読んでみたいと

思った。原作は、図書館で予約中。英語の原作は、手紙の

やり取りだけで進んでいくらしい。「あしながおじさん」ぽい。

| | コメント (0)

2019.09.30

9月の思い出

相方の長期の出張。来年は、私も一緒に行くことに

なりそうだ。それまでに、英語を何とかしなければ。

 

夏ドラマは、「これは経費で落ちません!」と

凪のお暇」が面白かった。多部未華子も黒木華も

好きな女優なので、いいドラマで主演してくれて嬉しい。

 

初めての本屋出店。本を通じたお客さんとのやり取りは、

難しいけど面白い。もう少し、工夫してみたい。

| | コメント (0)

2019.09.29

シュークリーム

カスタードクリームが好きだ。カリカリでパリパリの

皮の中にたっぷりと詰め込まれたシュークリーム。

粉砂糖はケホケホするので、なくて結構。

 

コンビニのシュークリームは、皮がふにゃっと柔らかいのが

少し不満だ。一口かじると幸せに包まれるシュークリームに

めぐり合いたい。

| | コメント (0)

2019.09.28

金木犀

外を歩いた時にふっと香った。今年の金木犀。

いつもより存在感が薄い。まだ、昼間は夏のように

蒸し暑いからか。空は少し高くなって、雲も秋っぽく

なってはいるけれど、日中は夏のような日差しだ。

| | コメント (0)

2019.09.27

ブルガリアン・ヴォイス・アンジェリーテ

不思議な歌声のコンサートだった。グレゴリオ聖歌のような

イメージかと思っていたら、もっと素朴で軽やか。まさに

民謡という感じだった。ステージ衣装がカラフルでとても

素敵だった。耳だけでなく、目も楽しんだ。

 

低音が女声とは思えないかなり低い音域をカバーしていて

あこがれた。あんな声が出せたらいいなあ。

| | コメント (0)

«行き止まり